欠損補綴 ~歯を失った部分を補う方法~

安価・短期間で歯を取り戻す

失ってしまった歯を補う方法には入れ歯・ブリッジ・インプラントがあります。当院では入れ歯・ブリッジの治療をご提供しています。よく「入れ歯やブリッジも保険でできない」と言われますが、保険適用も可能です。高額な自費診療を強引に勧めるようなことはありませんのでご安心ください。当院ではインプラント治療は行っていませんので、ご希望の方には専門医の紹介を行っています。

宮下歯科医院の入れ歯

    • レジン床入れ歯(保険適用)
      歯ぐきに当たる部分がレジン(歯科用プラスチック)でできた入れ歯です。造りが厚いため食べものの温度が伝わりにくいのが難点ですが、口腔内の状況が変化したときなどに修復が容易です。
    • マグネットデンチャー(自費治療)
      失った歯の歯根と入れ歯に取り付けた磁石が引き合う力(磁力)で固定する入れ歯です。バネがないので目立ちにくいのが最大の特徴です。バネを使った入れ歯よりもぴったりとくっつきずれにくいです。
    • 金属床(自費治療)
      歯ぐきに当たる部分が金属でできた入れ歯です。薄く作製でき、装着時の違和感はレジン床に比べると軽減されます。また、食べものの熱を感じやすく、食事を美味しく楽しめます。

入れ歯を長持ちさせるために

当院では、患者様のお口にぴったり合う入れ歯をご提供していますが、歯を失うと顎の骨がやせ、時間が経つにつれ入れ歯が合わなくなってしまうことがあります。すると、噛むときに痛んだりずれたり、外れてしまったりして食事を楽しめないことも。そうならないためには、定期的に調整や修理などを行う必要があります。

入れ歯が合わない方は新しく作るのではなく、修理や裏打ちを行い、そのまま今の入れ歯を利用できる場合があります。美味しく食べるためにメインテナンスをしに歯医者に通っていただき、長く快適に入れ歯と付き合っていきましょう。
※ご自宅でもしっかりとメインテナンスすることが長持ちの秘訣。入れ歯は毎日洗浄し、就寝時は外しましょう。

東京都町田市|診療予約|宮下歯科医院

ページの上部へ戻る